堀 晃 のポレポレ通信

ほりあきら のブログサイトへようこそ

2019年01月27日(日)

区総会

区総会があり久しぶりに出る。久し振りというのは,戸数が増えて総会にみんなが集まれなくなっているので、22年から代議員制になり、3戸に1人の割合の代議員により行われることになっていたからである。区民会館は昭和51年にでき当時は全戸、入れるものであった。昨年度末現在区費を収めている世帯は750戸、差年度の事業、決算、本年度事業、予算もすんなりと承認された。両久保は昨年10月、認可地縁団体として発足、新しい規約の元新生両久保の出発である。
総会が閉じてから質問の形で「以前住んでいた地区では区費を使っての飲食は一切やらなかった。両久保では伝統や考え方がありいきなり悪とは言わないが、区費が等しく還元されているか今後の課題ではないか」区長はこの場ですぐにどうこう言うことはできないので研究課題として受け止める。とソツのない返事。元区長の一人は「村づくりの面から無駄遣いとは言えない」というような発言があった。ず〜とこの区にいるものと外から見る目とは違いがあることはわかるので、何でも否定するのではなく物を見る基準が緩やかであることが必要だろう。因みに総会の後の懇親会はほとんどの人が帰ってしまい、出席したのは20数名であった。決算書の予算に対しての収入支出とも増額に▲が付いていたのはどうしたものかと思った。気の付いたことは区長に囁いてきた。   

Posted by 堀 晃 at 20時39分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2019年01月25日(金)

運動公園の樹木伐採

「公園の木が無残にも大規模に切られた」と電話が昨日今日と続いて寄せられた。抗議したら「会長に連絡してある」との返答だったというのである。実際には私のところへそのような電話は来ていない。
実は昨年11月リスの会の役が、教育長、生涯学習部長、スポーツ健康課長と公園のリスの環境を守ることについての懇談をした。あまりにもリスに対する配慮が欠けている現状を嘆いてのことである。運動公園のリスの希少価値やら市民の憩いの場となっていることやリスの生活環境の危機などを理解してもらい、今後木を切るときは連絡をして一緒に判断することを約束していたのです。テニスコートの周辺については約束通り連絡がありそれぞれの箇所について協議して決めてきた。が約束通りの切り方ではなく、申し合わせが意味をなしていないことに不信感を持っていた矢先であった。
愛リスの会の4名の方が市民館で写真展をやっていたのでそれを鑑賞して市役所へ出向くつもりで市民館へ行ったら、そこに教育長と生涯学習部長が見えていた。木の切り方に抗議した人のこともありリス展に来ていたらしい。「申し訳ないと」頭を下げた。現状について把握していただいて部下に徹底するようお願いした。
家へ帰って間もなくスポーツ健康課の課長と係長が訪ねてきた。申し訳ない、今後は周知徹底を図り2度とこのようなことが起きないようにするために、文をもって連絡したいという。課長・係長、担当者ときちんと指示していないのではないかというとそんなことはないという、担当者が電話したと嘘をついていたということになるが、果たして真実はどこにあるのか?   

Posted by 堀 晃 at 19時15分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2019年01月23日(水)

高尾山

一昨日山の会の本年最初の山行、日本委で一番登山者の多い「高尾山」へ14名もの大勢で行ってきた。いつもと違い電車の旅は別の趣もありよいものだ。下諏訪、上諏訪、茅野、富士見からと乗車駅も多彩故に各駅停車の電車であった。高尾から高尾山口駅まで京王線、あっという間についた。
山頂までは1号路を上るが、登山という感覚はないのである。公園の坂道みたいで人が平日だというのにやたらと多い。頂上からは富士山がきれいに見えてようやく山に来たという感じになる。名物天狗焼きはうまい、昼は山頂の売店でとろろそば。下りは6号路、この道は以前に上ったことがあるが全く記憶にはない。こちらは山道、渓流沿いの下りで山に来たという気分になれた。駅隣接の温泉でゆっくり過ごす。
###
昨日は両久保囲碁の会、だんだん弱くなる自分がいる、どうも考えるということができなくなっている。ただ石を並べているだけで、打ってからこれで良かったのかと少し考えるが、「時すでに遅し」である。でも打っている時が楽しいのだから‥‥。  

Posted by 堀 晃 at 08時47分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 2 )

2019年01月20日(日)

林之峰歌会

平成元年から続いている歌会の今年最初の定例会、いつもの様にポレポレ亭で行う。寒いので1時間前にストーブの火をつけ湯沸かしポットの電源を入れておく。歌ができなかったとして出さない方もあったが、いつものようにすすむ。
天皇が4月に代わり年号も変わることから、一区切りの時に合同歌集を作ることになり、長野日報の関連会社の長野ピーアールの宮沢さんに来ていただいて打ち合わせを行う。2人分の歌はすでに由紀子さんが入力してありUSBメモリーを渡す。私のものも既に入力済みなので、家へ帰ってからメールで送った。前回の出版が平成22年だから今回の第3集はそれ以後のものになる。
そしていつものように長野日報紙への投稿短歌をまとめて封筒へ入れる。
###
都道府県対抗駅伝、優勝回数のトップを行く長野県チームは今年も優勝を逃したが3位は立派。選手や関係の皆さん大変ご苦労様でした。   

Posted by 堀 晃 at 19時42分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

2019年01月18日(金)

若き彼のお葬式

この正月に64歳になったばかりという彼のお葬式があった。最近は若い人が亡くなることが多いような気がして心が痛い。この彼は私とは因縁の深い方を父と母にもち、小さい時から知っていたのだが直接のお付き合いは楽走会に参加していた一時期を除いてはなかった。だから個人的なことはあまり知らないということが今日のお葬式に出て分かった。1年前から癌に苦しんでいたのだという。最後の様子は彼の妹君から聞いた。悲しくも悔しいばかりである。
ヨットを持っていたなんて初耳だよ。出来立ての長野高専を卒業するという立派な彼は職場でも大活躍したのでした。母とそして父も割合い早く黄泉の国へ送り、彼もまたこの若さで…いたたまれない。彼の長男は職場や地域で頑張っているので残された奥さんと子供や孫たちはさぞかし心強いことだろう。ご冥福を祈るのみである。   

Posted by 堀 晃 at 21時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 1 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2019


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 hori-akira.com All rights reserved.