堀 晃 のポレポレ通信

ほりあきら のブログサイトへようこそ

2015年12月03日(木)

新しい街の整備進行中

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

仮橋の橋台・橋脚を造る工事の様子

宮川茅野区が様変わりしている。
宮川保育園周辺の区画整理事業も大分進み、形が分かるようになってきた。おかめ神社の酉の蔵はすっかり新しくなりどこにあるかしっかり認識できる所へ納まっている。酉の蔵は、中学卒業してまもなく同級会をやったことがあり懐かしい。
上川橋から保育園までの道路改修も進行中で、車では毎日のくらい通っているが、なかなかどうなるのか掴みにくいものだが、歩いてみるといろいろ見えてくる。ここには誰の家があって、この新しい立派な家はどなたのかなと見るのも楽しい。
上川橋の仮橋の工事も始まっていて、この地域は大きく変わることは間違いない。きれいになってからの街づくりはどうなるのか楽しみであり、皆さん方の知恵と努力に注目したい。     

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

立派な道になります


画像(320x239)・拡大画像(640x479)

歴史がいっぱい詰まっている酉の蔵

Posted by 堀 晃 at 20時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 111 )

楡沢山

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

辰野町に「楡沢山」という山がある。市街地の裏山といったところか。標高1,248.6m、簡単に登れるがあまり登られていないようだ。登山道はあるが落ち葉に覆われ、倒木が行く手を妨げ、小灌木は思いのままであるから手を入れていないのだろう。上り口も途中にも標識が無くつい通り過ぎてしまいそうである。木々は思う存分に枝を広げているので殆ど眺望は効かないが、簡単に登れるのでもっと活用することを考えてもらいたいと思う。
楡沢というから楡の木が生えているのかと思ったが見つけることは出来なかった。12/2

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

ここから右へ上る

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

山道はこんな具合である

Posted by 堀 晃 at 09時53分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 61 )

2015年11月23日(月)

舟久保祝い神例祭

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

毎年11月23日を例会と定めて41回目となる「下講祭」を行った。41年前と言えば両久保区内が団地構築や個人住宅の建築が進み、宮川で一番小さかった集落が膨張している最中。今までの様な和気あいあいとした集落の絆が崩れ始めた時期でもあった。そこで舟久保にある祝い神を守りながら旧来の信頼関係を持続しようと始まった。奇しくも「堀」姓の家のみであった。
祭神が「稲荷」であったので、日本三大稲荷のいずれかを交代で代参し、その下講祭と神社の清掃をしようというもので、天白稲荷を想定して幟も作った。だが京都の方がいいということになり代参は「伏見稲荷」と決め、10年目は全員でのバス旅行となる。昨年は40周年で豊川稲荷を選び実施した。
今年は我が家が5順目の当番、天気予報では雨ということであったので、昨日の内に草刈りを一人で済ませておいた。今日はその片付けと、鳥居のしめ縄づくりの後、林野組合での下講祭。当番の相棒が入院中の為、お勝手の方を本家の奥方から手伝ってもらい、妻も気が楽になったようである。
例年よりも2時間も長く和やかな時間を持つことができて大変に良かった。

Posted by 堀 晃 at 20時26分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 55 )

最後の焼酎造り

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

両久保エコファームの10回目の焼酎造りの最後の作業である瓶詰めを21日に行う。
ダイヤ菊さんの工場で、ビンをケースから出し手渡すと、ビンへ720ml詰めるのは昨年から社員、ふたをつけてベルトに乗せ、不純物の混入が無いかを監視し、ふたを閉めるのは自動、回ってきたものを受け取り、ビンへ酒税法によるラベルを張って、段ボール箱へ詰めておしまい。会員が流れ作業の各所について行うのだが慣れたものでとてもスムースである。
アルコール分33%、総数は昨年より若干多い。「両久保浪漫」のラベルは各自が張る。11/23

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

22日には大根の収穫、育ちすぎた大根たち、がっこうきゅうしょくのちゅうもんがたくさんありますように

Posted by 堀 晃 at 20時21分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 57 )

戸倉山は天気晴朗

画像(180x134)・拡大画像(640x479)

木々の紅葉した葉っぱもほぼ落ちた16日、伊那富士ともいわれる戸倉山へ行ってきた。駒ヶ根の戸倉山キャンプ場から登る予定であったが、急遽旧長谷村の市野瀬コースに変更、細い林道の入り口はわかりにくかった。上り始めて間もなく作業中のため通行止めだというではないか。仕方なく引き返し別の林道を迂回する。登山口はわかりやすく、登山道は100mごとに標識があり上りやすかった。
頂上には富山県から来たという一団がいてびっくりした。戸倉山ってそんなに知られているのか〜。
帰りは恒例の入浴、仙流荘の千人風呂、温泉ではないがいい風呂だ。

Posted by 堀 晃 at 20時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 120 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

12

2015


    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 hori-akira.com All rights reserved.