堀 晃 のポレポレ通信

ほりあきら のブログサイトへようこそ

2015年01月19日(月)

議会報告会

17日夜区民会館で行う。4年間を振り返って提案してきた数々を振り返る。要望に応えてもらったものもあれば、あまり進まないもの、時を過ごして形を変えて実現したものなどを話す。

Posted by 堀 晃 at 10時11分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 53 )

菊地俊朗著「ウェストンが来る前から山はそこにあった」

副題が【地元目線の山岳史】八ヶ岳周辺のことも載っていて面白い。縄文時代のことはいざ知らず古代から信仰の対象として山は開かれていたようだ。ウェストンよりも前に日本の山へ登った西洋人もある中で、なぜウェストンだろうかという疑問も解けそうである。新田次郎の著作に関することも出てくるが、小説と歴史との葛藤は当然だろうとも思う。

子リスの学校
運動公園の野生のリスの生活を追って集めた膨大の写真の中から、厳選された名場面を春夏秋冬の生態をとらえたA4版98ページの大作写真集。凄いの一言に尽きる。1年や2年でこれだけのリスを取れるものではないだろう。森のリスガイド・永田博さんの写真集。

おかあさんといっしょ
同じく運動公園のリスたちの写真を撮り続ける飯塚直人さんが出版した写真集。一匹の子リスの誕生から親子の生活を追った力作。A4版40頁。それぞれの写真に優しくふさわしい短文がつけられているのがよい。リスに対する愛情が伝わってくる。

お二人とも公園のリスに魅せられた多くのカメラマンの一員として、ここのリスたちの環境を配慮した活動を行っていることはよく知られている。

Posted by 堀 晃 at 10時08分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 53 )

2015年01月13日(火)

諏訪陸協の6年を振り返る

6年前、諏訪陸協のすべてをおしまいにしたつもりで都道府県対抗駅伝をテレビで応援をしていた時、呼び出されて諏訪市の理事会会場へ駆けつけた。会長に決まったからよろしくとのこと。改革と発展を余儀なくされたのであった。そして2年任期の2期目会長をやりたい人が複数表れて選考は難航したようだ。その期は南信陸協の会長・理事長更に県陸協の副会長・理事長が回ってくる。新聞社との関係も信頼関係が回復し、茅野市の陸上競技場のバージョンアップや諏訪湖マラソンコースの公認問題も抱えていた。そんなときに交代などあり得ないと思っていたら、だからやりたいと思ったのだろうか。継続ではだめだからと言って引退を宣言していたものを引きずりだしておいて何を基準に考えているのだろうと思った。3期目はすっきりしていた。

6年間の在任中
競技の面では、県縦断駅伝の「全諏訪」は優勝2回、準優勝3回、4位が一回という成績だった。60回大会は実に39年ぶりというもので感慨深いものであった。南信3郡対抗は前半の3年期は総合優勝したものの後半の3年は叶わなかった。女子の強化と競技人口の増を図らなくてはいけない。優秀選手を表彰するが毎年対象が多く出るのはうれしいことであり、中学生、高校生、小学生の全国大会へコマを進める選手が毎年出ていることは将来に明るい光が見えるものだ。

環境面から見るとなんといっても茅野市運動公園陸上競技場の全天候化である。ブルーのトラックは全国的には珍しくないが、県内で初であり注目された。1年後に作詞に立派な競技場ができ、同じブルーとなった。竣工式には陸協を代表して『公認証』授与をさせてもらった。もう一つは諏訪湖マラソンコースの公認化である。第1回大会開催について反対意見のある中で推進を図り、理事長時代にハーフマラソンにしたこともあり何らかの因縁を感じる。

後援、協賛をお願いしている長日報社、諏訪広域連合、諏訪大社、校長会、中体連、教委協議会などとの連絡協調は密であり、いい関係になっていることは大変有り難くうれしいことである。さらに「全諏訪」に格別の配慮をしていただいている150を超える地域の各社及び個人の皆さんには心より感謝いたします。

蛇足ではありますが、県陸協副会長在任中は法制委員長を担当し、法人化したばかりの数多い諸規約・規定等の策定に携わったことは、忘れられないものとなりました。
新しい体制の諏訪陸協の活躍を願っています。県陸協の評議員とし残ることになりましたので、コピットやらなくてはと緒を締めよう。

諏訪湖浄化講演会
6市町村で構成する「諏訪湖浄化対策協議会」と美しい環境づくり諏訪地域推進会議が主催するもので毎年開催されている。会場はいつものホテル。
講師は、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター総合解析部門の主任研究員の佐藤祐一主任研究員。

Posted by 堀 晃 at 21時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 48 )

2015年01月12日(月)

新年・新体制・新生活のスタート

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

1月9日 初区会、今年も相談役という資格で参加することに。区長の熱意が伝わってくる。

1月10日 市スケート協会が主催する小学生のスケート大会が第1回シニア大会と併設で開催される。開会式の後シニアの皆さんの控室を訪れしばし談笑。諏訪地方の50歳以上のスケーターが参集。元オリンピック候補選手など豪華メンバーで最年長は87歳とか。ジュニアには県外からの参加もあり大盛況である。将来のオリンピック選手に期待したい。

1月11日 午前は消防の出初式。午後は成人式。夜は茅野市陸協の総会。新しい役員体制が整う。一部欠席者がいたためその交渉役を引き受ける。

1月12日 今日は諏訪陸協の理事会。役員改選ですが、私は早めに退くことを伝え次の段取りもしていたのでスムースに運ぶ。すべてを0にすることはできなかったがまあいいか。  

画像(320x239)・拡大画像(640x479)

Posted by 堀 晃 at 09時43分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 58 )

2015年01月08日(木)

今日も寒い

画像(180x134)・拡大画像(490x367)

寒い日が続く。昨日もそうだが寒中の八ヶ岳は特にきれいだ。夕日を浴びている時は特に見入ってしまう。

過日の地方新聞に議会議員の去就が載っていた。それによると私を含めて4人が退くと。だが議会新年会などの様子によるとまだ表明はしていないが何人かが退きそうである。そして新人の動向も始まっているようである。是非無投票になることのないように願う。私が初めて出たときは、定員きっかりであったので「無投票では市民の選択肢がない」と思ったので急遽立候補したのでした。現職でやめるつもりの人も定員に満たない場合のことを考えて『辞めるなんていうな』と釘を刺されているものもあるとか無いとか・・・・私も早すぎたと言われた。でもやめるなら早く言わないと次に出る者の準備期間が無くなるので一番いけないことである。
これからはそんな選挙がらみの話題が多くなりそうである。    

Posted by 堀 晃 at 19時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 58 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2015


        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 hori-akira.com All rights reserved.