堀 晃 のポレポレ通信

ほりあきら のブログサイトへようこそ

2007年01月30日(火)

【掲載終了】市議選に挑戦します

 前回の選挙からもう早いもので、もうその時期になってしまいました。
 前回はそれこそ一番あとからの出馬でした。候補が出ているところは活気があっていいなあという区民の声と、定員ちょうどしか名乗りが上がらないことから「無投票はよくない」という市民の声を聞く中で、無謀にも突然「それなら俺がやってみる」となっての選挙でした。
 今回は「1期で止めるくらいなら初めからやるな」という声に励まされもしましたが、
@市長が替わるという大事な時である。停滞も後戻りも許されないのできちんとチェックしていきたい。A国の規制緩和、三位一体の改革により出てきたヒズミ――格差の広がった社会のなかで、地方と市民が夢の持てる生き生きした明るいまちづくりに貢献したい。
 という気持ちであります。そのためにしっかりと見て聞いて地域のために、市民のために行動していきたい。
 一昨日両久保区総会で推薦をいただきました。住んでいる地元の区の推薦は大変ありがたいことです。地元の信頼なくして選挙は出来ないでしょう。これで隣接、そしてだんだんと他の地区へと輪を広げていくことができるようになりました。
 今日、市役所の記者クラブへ後援会長さん、幹事長さん、総務部長さんに同行していただき出馬表明をしてまいりました。昨晩は後援会のリーフレットと議会・市政報告の「ポレポレ通信」のゲラが来ましたので早速今晩検討していただくことにしました。
 今日までの表明は10人でありますがこれから1ヶ月くらいの間に続々と出てくるだろうと思います。

Posted by 堀 晃 at 16時19分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 5 )

2007年01月29日(月)

【掲載終了】出番多くありました

画像(180x135)・拡大画像(326x245)

今年度は、5月に経済建設委員長になったおかげで、いろいろなところへ出させて頂いたりして、勉強になりました。委員長というだけでこんなにも多くなるのかという思いと、行政とは幅の広いことだと改めて実感したところであります。順を追ってあげて見ますと次のようになります。
5月17日 市労務対策協議会総会
5月20日 諏訪地区森林づくりの集い
5月23日 市交通安全協会総会
5月28日 市水防訓練
5月31日 市鳥獣被害対策協議会
6月4日  八ヶ岳開山祭
6月18日 白樺湖祭り
6月19日 蓼科・白樺湖を美しくする会
6月20日 職業訓練法人茅野協会総会
6月23日 商工会議所議員総会懇親会
6月29日 諏訪郡市国道20号線改修・バイパス建設促進期成同盟会通常総会
6月30日 蓼科高原・JR茅野駅利用促進協議会
6月30日 八ヶ岳西麓広域営農団地整備促進協議会
7月4日  国道152号整備促進期成同盟会総会
7月6日  国道299号整備促進期成同盟会総会
7月19日 豪雨災害現地調査
7月24日 茅野シール協同組合総会
8月1日  市表彰式・祝賀会
8月13日 納涼花火大会
8月31日 県森林・林業・林産業活性化促進議員連盟総会、研修会
9月13日 国道20号線坂室バイパス建設促進対策委員会総会
10月12日 観光連盟17年度決算・夏山反省会懇談会
10月18日 国道299号整備期成同盟会、県土木部への要望
10月19日 諏訪圏工業メッセ開会式
10月24日 国土交通省,財務省,関東地方整備局,国会議員への要望
11月7日 八ヶ岳そば振興会議「蕎麦切り」野献納
11月8日 茅野商工会議所40周年記念式典・講演会
11月10日 信州諏訪農協茅野市・原村・富士見地区農産物価格安定対策事業運営協議会
11月14日 茅野商工会議所建設産業にかかる懇談会
11月26日 八ヶ岳閉山祭
11月27日 鳥獣被害対策協議会
12月18日 エコーライン上場沢大橋渡り初め・祝賀会
1月12日 農業支援センター運営委員会
1月25日 観光連盟講演会・新春パーティー
1月26日 建設事業団新年祝賀会

また今までのやり方を踏襲するだけでなく、いくらかなりとも私の色が出せたらという願いから、改革というか違いが出せたかなあという点もあります。大したことではないが徐々にでも変わらないよりはということでしょう。@委員会のとき終了した、あるいは進行中の、または事業化した箇所を現地へ出向いて説明を受け確認する。A議案に無い事項についても質疑を行い理解を深めた。B豪雨災害に際し・県へ意見書をあげた。などです。

議会改革と称して、議員報酬に言及する議員が増えてきております。議会運営や議員個人の資質を高めることに力を入れて行きたいと思っているところです。

8月7日 農業支援センター運営委員会

Posted by 堀 晃 at 10時27分   パーマリンク   トラックバック ( 0 )   コメント ( 6 )

2007年01月15日(月)

【掲載終了】新年おめでとうございます

新年明けましておめでとうございます 
輝かしい新春を迎え謹んで皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます
旧年中は大変お世話になり有難うございました 本年もどうぞよろしくお願いします

いただいた年賀状の中から教訓に満ちた・感銘を覚えたものの中から一部ご紹介させていただきます

 最近、覇気のない孤独そうな若者(思春児と命名)が増えています。ゲーム・メール・ネットの時間が長いからではないでしょうか。ある分析では@ゲーム時間が長い子は「偏食が多い」「人付き合いが下手」「傷つけられたら復讐したい」「生活が楽しくない」Aメールやりすぎの子は「大切なのは家族より友達」「気分の起伏が激しくすぐ絶交」「注目されるのが好き」Bネットやりすぎは「不登校になりやすい」「凝り性で自分の世界に浸かる」とありました。家庭・学校・地域はネット社会の急速な発達による画面文化が、成長に与える影響を捉えきれないため少し対応が遅れています。(長野のGさん)
 
 私は陸上部に入ったケドなかなか練習に力が入らず記録も伸びません。でも陸上をやめる気は全くありません。だからもっと練習してもっと上を目指せるようがんばります。(ちののSさん)

 夏フインランドへ行ってきました。何しろ学力世界一ですから、基礎は読書でした。(ちののKさん)

 猪突猛進ではなく チョツトずつ前進していこうと思います。(岐阜のSさん)

 この世の中のどんな些細な不思議に対しても、絶えず敬虔さと愚直さを忘れず、謙虚な気持ちで対峙することによって、今年こそ感動と驚きの人生に迫ってみたいと思います。(宮川のMさん)

 次のお二人の言葉が心に響きました。@靖国A級戦犯合祀に不快感を示されて昭和天皇「だから私はあれ以来参拝していない。それが私の心だ(富田メモ) A映画父親たちの星条旗と硫黄島からの手紙をつくったクリント・イーストウッド「戦争が人間にどんな影響を与えたか、そして戦争がなければもっと長く生きられたであろう人々のことを描いた」 (諏訪のNさん)

画像(180x135)・拡大画像(640x480)

(玉川のKさん)


画像(320x240)・拡大画像(640x480)

14日どんどん焼き盛大に行われました

2006年の漢字一文字は命でした。私の故郷沖縄には古くから「ヌチドゥタカラ」(命こそ宝)という言葉があり、沖縄の心を表しています。年末には恒例の「那覇マラソン」に夫婦で参加しともに完走しました。スタートの合図は通常ピストルですが、沖縄では平和の象徴「万国津梁の鐘」を鳴らしてスタートします。「平和と命」を尊ぶ沖縄にふさわしいこの二つことに改めて深い感動を覚えました。(豊平のTさん)

Posted by 堀 晃 at 09時30分   パーマリンク   トラックバック ( 1061 )   コメント ( 10 )

2006年12月23日(土)

【掲載終了】12月12日一般質問前置き

 3期の任期を全うし達成感を持って市長の職を退く矢崎市長の労をねぎらいたいと思います。民間感覚を生かして行政と市民との関係にメスを入れ、新しい形の地方自治のあり方を全国に発信できたことに達成感をもたれている事と思います。
 また、引き方の見事さに多くの市民から賞賛の声と同時に、勿体無いなあという声も頻りであります。もう1期位は茅野市民をリードしてもらえるものと思っている市民も多いので残念という気持ちが無い訳でありません。
 矢崎市長はやる気でやって楽しくやって成果を収めての退陣で目出度いことばかりですが、「後をやるものは大変だよ」との巷間のささやきも、さもありなんと思う此の頃であります。
 議員も同じく残り4ヶ月余りとなりました。残された期間市民生活の向上のために力を入れて行きたいと思っております。

画像(320x240)・拡大画像(326x245)

Posted by 堀 晃 at 14時33分   パーマリンク   トラックバック ( 977 )   コメント ( 9 )

【掲載終了】『地方自治法の改正による市の組織機構の変更について』

画像(180x134)・拡大画像(490x367)

市役所

 今年の地方自治法の一部改正により、平成19年4月1日から助役・収入役が廃止され、代わりに副市長・会計管理者が設置されることになりました。
 現行法では、助役は原則一人とされ、条例により2人以上にすることも出来るとされておりましたが、副市長については、定数を条例で定めることとされております。茅野市の助役は法定の一人であるために定数条例を定めてありません。従いまして引き続き副市長を一人としていく場合にも「定数条例」を制定しなくてはなりません。
 また、収入役制度の見直しにより、会計管理者となりますが、収入役と会計管理者とは、会計事務をつかさどるという点では職務権限は同じであります。引き続き独立した会計機関として適切な会計事務を執行する役割を担うわけでありますが、収入役は、議会の同意を得て任命される特別職であるのに対して、会計管理者は、市長が職員の中から任命する一般職であるという大きな違いがあります。
 そこで、これら自治法の一部改正に伴う条例制定や関連条例・規則等の改正・整備についてどこまで検討されているのかお尋ねいたします。
 また、県内の各市を見ても助役を2人というところはないと思うが、収入役がなくなるので副市長を2人にするということはありうるのかどうかお伺いします。
 もう1点、会計管理者にはその責任の重さから部長職とするのでしょうか、この点についてもお聞きいたします。

●新しい市長が考えることという返事でした。助役収入役の任期は7月まであるのですが、必要な条例整備は3月議会になる。副市長の人数に対して市長は、理事者として収入役がいたことは大変ありがたかったということでした。

Posted by 堀 晃 at 14時30分   パーマリンク   トラックバック ( 1075 )   コメント ( 17 )

過去の記事へ

ページのトップへ ページのトップへ

1

2007


  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 hori-akira.com All rights reserved.