堀 晃 のポレポレ通信

ほりあきら のブログサイトへようこそ

2017年12月04日(月)

瀬長亀次郎さんの映画

映画「アメリカ軍の最も恐れた男その名はカメジロウ」を見た。私は昭和38年ビザを取って沖縄へ渡った時その名前を聞いて知っていた。当時の沖縄と現在の沖縄が大変似通っているという事実を知らされた。沖縄はいつになっても日本の防波堤であり、住民はいつも犠牲を強いられている。そして不屈の精神は受け継がれているものの政府は今でもアメリカの言うなりで、大きな負担を沖縄と沖縄県民に押し付けているのだ。県民の不屈の精神は受け継がれている。
過日の新聞に沖縄出身の松本市の医師は「基地負担を抱えるふるさとを見ないふりはできない」とい沖縄のことを語る活動を始めたと。
何回か沖縄を訪れ沖縄が好きであるが、ただ好きだけでは済まされない状況である。

Posted by 堀 晃 at 17時05分   トラックバック ( 0 )   コメント ( 0 )

コメント

コメント投稿フォーム

名前:(この情報をCookieに保存させたい場合にチェック)
メールアドレス: (表示はされません)
URL: (名前にリンクされて利用されます)
コメント:
パスワード: (削除時に利用)

トラックバック

トラックバックURL

http://hori-akira.com/tb.php?ID=640

ページのトップへ ページのトップへ

12

2017


          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

検索


カテゴリーリスト

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

RSS1.0 RSS2.0

[Login]


powered by a-blog
Copyright (C) 2010-2011 hori-akira.com All rights reserved.